リサイクルショップを利用する

実物を査定してもらわなければならない

リサイクルショップなど買い取業者に不用品を販売するには3つの方法があります。
1店頭買取2出張買取、3宅配買取の3つです。実物を査定してもらわなければならないので、自分で不用品をお店に持ち込むか、お店の人に買い取りに来てもらうか、宅配でお店に送ることが必要です。
それでは一般的リサイクルショップでの買い取りまでの流れを見ていきます。
まずリサイクルショップを探します。
事前にオンラインショップのホームページ上で売りたい商品の型番や状態など情報を入力すれば大まかな買い取り価格を教えてくれるサービスがあるお店もあります。これを事前査定といい、後日メールで大まかな買い取り価格を返答するお店もあります。
この事前査定を使って大まかな買い取り価格を調べてから査定をお願いすると良いでしょう。



納得すればその場で現金で支払ってくれる

お店に持ち込む場合は手順はシンプルで、大抵のお店では不用品を持ち込むとスタッフがその場でいくらで買い取るか査定とその説明をしてくれます。金額に納得すればその場で現金で支払ってくれます。
出張買取では、事前にホームページや電話で申し込みをします。するとお店のスタッフが自宅に来て不用品の査定をしてくれます。店頭買取と同様に金額に納得すればその場で現金で支払ってくれます。その後不要品をスタッフが運んでいってくれます。
宅配買取も事前にホームページや電話で申し込みをします。そしてお店に不用品を宅配で送ると査定をしてくれます。金額に納得すれば買い取り金額を口座に振り込んでくれます。
いずれも運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カードなどの身分を証明するものが必要で、宅配買取の場合は口座も必要になります。


▲ TOPへ戻る